ホーム 目の病気について 病院案内 リンク 質問受付 荻窪の遺跡
 

おうちでできるデンタル・ケアー

虫歯や歯槽膿漏なんて猫には無いだろうなんて思っていませんか?           
今回は、猫達の歯の周囲の病気とその管理、予防法についてお話しましょう。


歯周病とは

文字通り、歯の周囲の組織の病気のことで、歯周炎、歯槽膿漏等の総称です。統計では、6歳以上の猫の85%に治療を必要とする歯周病が存在しているそうです。流行する病気で はありませんが、弱齢から高齢まで広く蔓延しているのが現状です。


歯周病はどうして起こるの?

歯周病を起こす第一の原因はプラーク(歯垢)です。これは白い薄膜状のちょっとドロ ドロした物質で、食べかす、はげ落ちた口の中の細胞、唾液中の糖蛋白質、それと特定の  細胞等から出来ています。 健康な歯肉は、ピンク色でしっかりと歯に密着していますが、 プラークが付着すると歯肉縁は、赤味を帯びて炎症を起こします。臭いも発するようにな り、これが歯肉炎の始まりです。 プラークによって引き起こされた歯肉炎は、細菌感染や その細菌の代謝物によって拡大していき、更にプラークは炎症によって広がった歯と歯茎 の間の溝にそって奥へ進入していき、歯肉は退縮していきます。歯を固定している歯槽骨 (顎の骨)に炎症が及ぶとその吸収が始まり、最後に歯が脱落してしまいます。    

プラークの歯冠寄り(目で見える部分)には、プラークにカルシウムが結合して歯石が 出来ます。この歯石の組織に対する影響はプラークよりは少ないのですが、歯周病の増悪 因子にはなっています。                             

歯の見えている部分に歯石が少しでも付いていたら、歯と歯茎の間にはプラークがある ことに間違いありません。このプラークこそが大問題なりです。歯石が少ないからまだ安 心とは思わないでください。


虫歯の話

歯周病の話のついでに虫歯の話も簡単にしておきましょう。              
虫歯とは、口の中にいる細菌が作り出す酸や蛋白分解酵素が原因となり歯の表面に穴が 開く現象です。犬猫では、その発生率が人よりもかなり低いのですが、ではなぜ犬や猫は虫歯が少ない のでしょう。元来、犬も猫も肉食獣です。肉食獣の食餌には、我々人間のような雑食性や 草食性の動物の食餌に比べて酸の元になるの炭水化物のような成分が少ないこと。口腔内 環境の違いから、酸産生細菌がみられないこと。肉食獣の歯の多くは円錐形であり、人間 の歯にみられるような細菌や食物が付着しやすい歯の隣接面や溝が少ないこと。
要するに 歯と歯の間が広く、歯の形も比較的つるりとしているということ。これらのことからペッ ト達には虫歯が少ないのです。


予防

次に予防法ですが、これは我々人間と同じで歯磨きです。今もう歯石が付いてしまって いる場合は、それをきれいにしてから。付いていないのなら今すぐに始めましょう。    
まずは歯磨きに慣らすことから始めます。市販のペット用の歯ブラシを使ってもいいですし、ガーゼを指にまいて使ってもいいです。歯ブラシや指を口の中に入れて、歯茎と歯 を軽くマッサージする事から始めて下さい。最初はものすごく嫌がりますが、次第に慣れ てきますので、根気よく続けて下さい。慣れてきたらペット用の歯磨きを使用します。嫌 がらなければ最初から歯磨きを使ってもかまいません。歯の裏側もお忘れ無く。 それか ら歯磨きには、歯ブラシより硬いものは決して使わないで下さい。犬や猫の歯は、人間に 比べてエナメル質がとても薄いので、硬い物でガリガリやるとすぐ剥げてしまい、テレビ のCMでもやってる知覚過敏症になってしまいます。またポケットにようじ等を押し込む と歯肉と歯の付着がはずれてしまいます。
そうすると食べた物が直接歯根に進入してしま いプラークもないのに歯根炎を造ってしまいます。過ぎたるは及ばざるがごとしです。ち なみにエナメル質の厚さは、奥歯の一番大きい歯で、人は約1mm、犬で0.4mm、猫に至って は0.2mmしかありません。歯石は動物病院で除去してもらって下さい。


 
Copyright (c)1996-2007. Masunaga Animal Hospital all right reserved