ホーム 目の病気について 病院案内 リンク 質問受付 荻窪の遺跡
 

夏の暑さにご用心

お宅の猫ちゃんは元気にしてますか?暑い夏も、今が峠。もうしばらくの辛抱です。比較的暑さに強い猫も、日本の高湿度にはまいっています。秋になってから、夏の疲れがどっと出てくるのは猫も人も一緒。そうならないように快適に過ごさせてあげることを考えて みましょう。

春先までは、うろうろ動き回っていた猫もこの時期は、一日中寝こけています。
これは、汗をかけない彼らが体温を上昇させないためには、動かないことが一番と知っているため です。それとどうしても暑さのために夜間の眠りが浅くなりますから、それを補っている 部分もあると思います。別に元気がなくてじっとしているわけではないので、ニャン棒で元気かどうか試してみるなんてことはしないでください。ニャン棒を見るとついついはしゃ いでしまいますから。

暑いさなかに高いところに昇っているときは、ちょっかいを出されるのをいやがっているか、後でも書きますがエアコンの冷気を嫌っているかの、どちらかだと思いますから猫 の気持ちになって、ほといてあげてください。体調の善し悪しは、食欲、尿や便などの状 態で観察してください。
猫の飲水量は冬場には減りますが、暑い夏場に極端に増えたり減ったりはしません。このあたりに暑さに適応した動物の片鱗が見受けられます。その猫の飲水量が減った場合に は、暑さ以外の原因があるはずです。たとえば、水飲みの定位置が夕方西日が当たっても のすごく暑いとか、逆に気を利かせすぎていつもの定位置から場所を変えたとか。それと 冷水は嫌う猫が多いですから気をつけてください。氷を浮かせるなどは、もってのほかです(中には、氷水をおいしそうに飲む猫もいますが、これは例外的なことです)。     

猫は、一般的にエアコンを嫌います。エアコンを利かせた部屋から出ていってしまうよ うならそれは、利かせすぎです。ほんのちょっと除湿して、ほんのちょっと室温を下げる 程度にしてください。猫がいてもいいと判断する程度の利かせ方が人間にも体調を崩さな い利かせ方でちょうどいいようです。エアコンを利かせた部屋に閉じこめるなんてことは 絶対にしないでください。理想を言えば、隣の部屋でエアコンがかかっていて、間の襖が ちょっとだけ開いている、なんて言う環境がベストです。とにかく自由に好きな場所を選 べるようにしてあげてください。                           
食事に関しては、暑いからと言って特に変える必要はありません。ただしドライフード にしろ缶詰にしろ痛むのが早いですから、その点には気をつけてください。ドライフード だからといって気を抜かないでください。油の返りが冬場より格段に早くなっていますの で注意が必要です。猫は、暑さに強いので今まで書いてきたように、あまり神経質に暑さ対策をしなくても大丈夫です。ただ天候不順になった場合は気をつけてください。

原稿執筆時の予報では、今年の夏は平年通りといっていますが、冷夏の年は夏にいろいろな病気を起こしてきます。 特に気温の変動が大きい場合には、ちょっと涼しいから今日は毛布にしようなんてことは 猫はしませんので、極力室温を一定に保つように努力してください。冷夏の夏には、猫の風邪が頻発します。室温を一定に保ってあげるだけで、かなりが防げるはずです。そうい うときにこそエアコンを最大限に活用してください。最後にエアコンのフィルターの掃除だけはこまめにしてください。                            

ほんのちょっと工夫するだけで、秋に疲れを残さずに秋を迎えられます。猫の気持ちに なって考えてあげましょう。


 
Copyright (c)1996-2007. Masunaga Animal Hospital all right reserved