ホーム 目の病気について 病院案内 リンク 質問受付 荻窪の遺跡
 

怖い猫のウィルス感染症 猫のエイズ

FeLV(猫白血病)、FIP(猫伝染性腹膜炎)と並んでおそれられているFIV(猫エイズ) 今回は、この恐ろしいFIV感染に関するお話です。


それではまず応急処置の総論から。

『FIV(猫エイズ)感染症てどんな病気?』       
猫エイズは、ネコ免疫不全ウィルスの感染によって引き起こされる、免疫機能の低下を 特徴とする病気です。

急性期                                     
猫エイズウィルスに感染すると、最初の数ヶ月軽い感染症(風邪を引いたり下痢をしたり します。)を引き起こしたり、リンパ節が腫れたりしますが、次第に無症状になってしま います。幼弱で抵抗力の弱い猫や、既往症を持っている猫以外でこの時期に死亡すること は有りません。                                 
無症状キャリアー                                
急性期を過ぎると一見健康な猫と見分けがつかなくなります。ただしウィルスはしっか り猫の体内で活動しており、ゆっくりではありますが病態は進行しています。この時期は 4〜5年。場合によっては10年以上続きます。またウィルス増殖は続いていますから、多 の猫への感染源になりますから注意が必要です。                  

エイズ発症期                                
 
無症状キャリアー期に進んだ病態が一定限度を超すと免疫不全症候群いわゆるエイズを 発症してきます。この時期一番多い症状は口内炎です。そのほかにも怪我がなかなか治ら なかったり、目やにや鼻水をいつも出しているようになることもあります。全てが抵抗性 の低下が原因です。慢性の下痢を引き起こし次第にやせ細り最後には死に至ります。感染 からここまで最短で5年ほどと言われています。 


『どこでうつってくるの?』                          

感染源は、すでに感染している猫達です。この猫達と接触することで感染が成立します。 このウィルスは、感染力が弱いので粘膜の直接的な接触や汚染血液との接触等の直接的接 触でうつります。空気感染などはしません。一番多いのは喧嘩によるものです。交尾でも うつりますが、喧嘩ほどではないと言われています。またとても仲良くていつもお互いを 舐め合っている猫同士でも感染が成立することが知られています。この場合は、唾液によ る感染です。


『もしかかってしまったら?』

現在、猫エイズの有効的な治療法は確立していません。人のエイズの治療法の応用が試 みられてはいますが、副作用などの面でなかなかうまくはいかないようです。現在のところ、極力ストレスを与えないようにして栄養状態を良好に保ち、抵抗力の維 持につとめて発症を出来るだけ遅らせることしか有りません。


『予防法は?』 

予防注射などの予防法は現在まだありません。この病気は、接触感染のみで伝搬してい きますから、感染猫と接触させないことが肝心です。要は、外に出さないことです。日本 の外猫の感染率は10%を越えています。外に出したら感染してくると思って下さい。


 
Copyright (c)1996-2007. Masunaga Animal Hospital all right reserved