ホーム 目の病気について 病院案内 リンク 質問受付 荻窪の遺跡
 

■白内障とは

白内障発症犬

白内障は眼球内の水晶体が白く濁る病気です。
おもに高齢の犬でよく見られますが若齢 犬や猫でも罹ることがあります。初期のうちは何となく白い程度なのでよく観察しないとわかりませんが、進行するに従って夜の散歩で電柱などにぶつかる、動きが活発でない、 動く物を眼で追わないなど視力低下を疑わせる症状がみられます。

目のしくみ


■白内障の原因は?
M・シュナウザー、M・プードル、アメリカンコッカースパニエルなどの犬種で遺伝的に罹りやすいとの報告があります。
糖尿病、頭部や眼球の打撲、眼球にトゲや猫の爪が刺 さるなどの外傷でも起こることがあります。
老齢性(一般に6歳以上)で起こるものは水 晶体の加齢に伴う変性が原因です。

似たものに核硬化症があり、これは水晶体核の加齢に 伴う正常な生理的変化で老齢の犬、猫でみられます。肉眼的には同じように見えますが、 視力低下は軽度で物にぶつかることはほとんどありません。しかし、進行すると皮質の白 濁がみられたり、白内障を併発することがあるので注意が必要です。

核硬化症

核硬化症

■白内障の治療
お宅のワンちゃんネコちゃんの眼が少しでも白くなってる気がしたら早めに来院して検 査をしましょう。白内障なら注射や点眼で進行を遅くすることができることもあります。 しかし、完全に視力の回復を望むのであれば外科的に白濁した水晶体を取り除くしかありません。
その場合の条件として他の眼疾患がないこと、麻酔をかけられる状態であること、 術前術後の点眼、投薬ができることなどの条件があります。

■白内障の手術
白内障の手術は多くの場合、白濁した水晶体の中身(核と皮質)だけを取り除くわけですが超音波乳化吸引装置を使う場合と中身を脱臼させていっぺんに摘出する方法があります。
人では前者が主流でごく短時間ですみますが、犬や猫の場合症状が進行してからの手術が 多いため水晶体が非常に堅かったり、水晶体を支持しているチン氏体がもろくなっているた め後者の方が安全な場合が多いといえるでしょう。
中身を取り除いた水晶体のカプセル(水晶体嚢)のなかに人工レンズを入れることによっ て強度の遠視状態の矯正となり、正常に近い視力を取り戻すことができます。 (白内障手術詳細)

眼内レンズ

白内障の見え方

A 白内障の見え方           
B 無水晶体眼の見え方         
C 眼鏡での矯正(25%拡大してしまう)  
D 眼内レンズでの矯正(0.2%の拡大ですむ)
  (Tech.Mag.Vet.Surg.Vol3 No.2より引用)

白内障は直接命に関わる病気ではありませんが、ワンちゃんネコちゃんのこれからの生 活の質を大きく左右すると思われます。少しでもおかしいと感じたり、7,8歳を越えた ら早めの診察、定期的な検診をおすすめします。費用、詳細についてはスタッフにお気軽 におたずねください。


 
Copyright (c)1996-2007. Masunaga Animal Hospital all right reserved